借入する額を少なくする

返済能力と希望額の関係とは

ローンの審査に確実に通過する方法は存在せず、その理由は最終的に金融機関のスタッフの裁量で決定するためです。審査に落ちても理由は教えてくれませんが、借入希望額に対して信用力が不足しているのは確かと言えるでしょう。ここでの信用力とは返済能力のことで、ローンを完済できるかどうかがポイントになります。返済能力というのは借入額に対して相対的に決まるもので、借入審査に最も有利と言われる公務員であっても高額融資を希望すると審査に落ちてしまうケースが多々あります。逆にアルバイトやパートなどの非正規雇用の方でも、希望額を抑えれば審査に通過できることは多いのです。借入審査に落ちないためには、希望額をいかに圧縮していくかが鍵となります。

希望額は減らすための工夫を

カードローンでいきなり100万円を借りようとしても、初めて契約するローンの場合は審査に通過する確率は相当に低いと言えます。毎月地道に返済して信用力を高めていけば将来的に100万円の借入は可能かもしれませんが、初契約の段階では50万円を超えて借りるのはハードルが高いです。消費者金融から借入する場合、50万円を超えると収入証明書類の提示を求められることが多いです。本人確認書類に加えて必要書類が増えるということは、審査のハードルが高くなることを意味します。そのため借入審査に通過するためには希望額を最高でも50万円に設定し、そこからいかに減らしていくかがポイントになります。50万円より40万円のほうが審査で有利になるのは間違いのないことです。