金利が低い所で借りる

金利はしっかり比較しよう

お金を借りると元金だけではなく、利息も支払うことになりますので、金利はしっかり比較しておくことが大事です。金利の負担が大きいとそれだけ毎月の返済額も大きくなりますし、元金がなかなか減らないなどの問題も出てきます。今は消費者金融もグレーゾーン金利がなくなり、より安心して利用できるようになりましたが、それでも有担保のローンに比べると高金利です。より低金利で借りるのであれば銀行のカードローンも視野に入れたいところです。そして、最近では一定期間は無利息のサービスを提供している業者も増えていますので、短期間で返済できるのであればこうしたローン選ぶのも良いでしょう。少額を複数の業者で借りることも金利の負担を大きくするので気をつけたいところです。

短期間で返済することも大事です

低金利のローンを選んでいても、長期に返済を続けていると、やはり多くの利息を支払うことになるので注意が必要です。やや高金利のローンを選んでも、短期間で完済できれば金利の負担もそれほど大きくはなりません。金利だけで比較するのではなく、どれぐらいの期間借りるのかも良く考えておきたいところです。毎月の返済金額と支払い総額、完済するまでの期間をしっかり把握しておくことも大切ですが、金融業者のサイトでは返済シミュレーションが用意されていますので申し込む前に活用してみましょう。借りる前に返済計画をしっかり立てておけば途中で返済のことで悩む心配もなくなります。返済が遅れると遅延損害金というペナルティも発生しますので、期日には遅れずにきちんと返済をすることも大切です。